総量規制とキャッシング

総量規制とキャッシングの関係について学ぼう

総量規制という言葉をあまり聞いたことがないという人の方が多いかもしれませんが、キャッシングを利用しとうとしている人であれば覚えておくとよいかもしれません。

 

総量規制は、多重債務者が社会問題となっているのを受けて、2011年に制定されたものです。

 

消費者金融やクレジットカード会社などの貸付業者を対象として施行されているもので、貸し過ぎや借り過ぎを防ぐために作られました。総量規制によって、年収の3分の1の額までしか借り入れができなくなってしまいました。

 

複数の業者から借りている場合には、1社につき3分の1までの額・・・というわけではなく、合計が年収の3分の1を超えてはいけないと定められています。貸付業者 がお金を貸す時には、必ず金融機関が共有している信用情報機関で借り入れ状況などを確認して、規定の額を超えてないか確認をした上で手続きを進めます。

 

そのために、どうしてもお金を借りたくてウソの申告をしたとしてもバレてしまいます。そうなると、信頼を失い審査には通らず借り入れができなくなってしまいますよ、気をつけましょう。

 

この総量規制は、個人が個人で使用する目的でお金を借り入れる場合に適用されます。個人が事業用資金として借り入れをする場合には総量規制適用外となります。

 

その他いくつかの例外があります。例えば、自動車を購入する際の自動車担保貸付などの場合が総量規制除外となっていたり、緊急の医療費の貸付などのケースの例外というものもあります。

 

また、返済能力の有無をしっかりと確認する義務も総量規制によって加わりました。例えば、全く収入のない専業主婦のような人が借り入れをする場合には、返済能力の有無確認の一環として、配偶者の年収を証明する書類と配偶者の同意書などが必要になります。

 

年収を証明する書類と認められるものは、源泉徴収票、給料の支払明細書、確定申告書、納税通知書、所得証明書などがあります。収入のない人がお金を借り入れる場合意外でも、借入額が50万円を超えている場合や、他からの借り入れの総額が100万円を超える場合などで収入を証明する書類の提出が求められることがあります。

 

ただ消費者金融系でキャッシングを利用する際には、全ての人が収入を証明する書類が必要なわけれはないので安心して ください。

 

総量規制によってキャッシングがしにくくなってしまったのは、収入のない専業主婦のような方達です。消費者金融系キャッシングでは、旦那様の協力を得て書類を提出しないと利用できないために、旦那様に内緒で借り入れをするのが厳しくなってしまいました。

 

ただし、総量規制は銀行や信用金庫などのキャッシングでは適用外です。銀行系キャッシングであれば、消費者金融での手続きのような書類の提出の必要はありません。銀行系のキャッシングは、専業主婦でも旦那様に内緒で借り入れをすることが可能です。

 

総量規制の対象となる消費者金融系キャッシングにも、総量規制対象外の銀行系キャッシングにもそれぞれにメリットデメリットがあります。自分に合った会社を見つけてキャ ッシングをしましょう。

 

 

>>今すぐお金必要【即日スピードキャッシング出来る業者教えます】トップページへ戻る