キャッシングの審査に通らない人

キャッシングの審査に通らない人の共通点

ャッシングを利用する際には、必ず審査があり審査に通らなければ利用することはできません。キャッシングの審査の基準は、基本的にどこの会社も公表はしていません。もちろん会社によっても審査基準が異なります

 

一般的には、年収、勤続年数や勤務先、住宅状況と信用情報などです。特に重視されるのが、信用情報でしょう。これは金融機関が共有している情報ベースなのですが、過去の借り入れ状況や遅延などのトラブルの有無、借り入れの金額などのお金の取引状況が全て掲載されています。さまざまな角度から、お金を貸しても返済してくれるかどうかをチェックした上で、審査が通されお金の貸し出しを行っているのです。

 

よく、キャッシングの審査に通らないという人 がいます。どういう人が審査に通りにくいのかをお話していきましょう。キャッシングの審査に通らない人の多くは、信用情報のところで何か汚点が見つかったという場合です。

 

例えば、過去の金銭トラブルが発覚したり、現在の借り入れ額が限度額いっぱいになっている場合、過去に何度の遅延してしまっていたり、現在の借り入れ状況がよくないと判断された場合などが考えられます。

 

短期間の間に、あちこちのキャッシング会社に申し込みをするのも、審査に通らなくなると言われています。

 

また、申し込み書の記入にも気をつけましょう。万が一、うその記載をしているようなことがあると、それだけで信用できない人間と判断されて審査に通らない可能性があります。記入もれや間違いも同様に注意が必要です。人としてマイナスのイメージを与えるだけです。

 

何か隠し事があるのかもしれない・・・と怪しまれることもあります。申込書1つで審査をしてもらうので、申込書は丁寧に誠実に書くように努めましょう。

 

申し込みをする際には、申し込み条件というものが必ずあります。例えば、年齢が20歳から65歳未満の人しか利用できないと決められているところが多いので、当てはまらない年齢の人が申し込みをしても審査には通りません。アルバイトやパートだとしても収入がある人しかキャッシングできないという条件のところもあります。

 

そこに専業主婦の人が申し込みをしても通りません。専業主婦の方はキャッシングができないというわけではなく、できるところでキャッシングの申し込み をしましょう。

 

消費者金融などの貸金業者からキャッシングをする際には、総量規制によって年収の3分の1以下の額までしか借り入れができないと定められています。その金額以上の借り入れを申し込んでも、審査には通りません。限度額も調べてから申し込みをしましょう。

 

審査に自信がないという人は、消費者金融系のキャッシングの方がよいかもしれません。一般的に消費者金融系の方が審査がゆるく、その代わり金利が若干高めに設定されていると言われています。逆に銀行系キャッシングは、消費者金融よりも審査が厳しいと言われていますが、その代わりに金利が低めに設定されているのが一般的です。自分の状況を考えてキャッシング先を選んでいきましょう。

 

 

>>今すぐお金必要【即日スピードキャッシング出来る業者教えます】トップページへ戻る